MiriCanvas ヘルプセンター

MiriCanvasについて気になることを検索しましょう

ミリキャンバス・AIツール機能規約(施行日:2024年5月26日)

本規約は、ミリキャンバス内で「AIツール」を含むAI基盤の機能およびツールを使用する場合に適用され、ミリキャンバス 利用規約およびライセンス契約に追加適用されます。 本規約は当社によって随時更新されることがあります。

 

第1条:目的


AI技術基盤の機能は、様々な産業分野で広く使われており、特にコンテンツクリエイター、アーティストなど、幅広い人々がコンテンツ創作ツールとして活用できる潜在力があります。

このようなAI技術の潜在力は社会的に大規模な恩恵をもたらしますが、同時に技術的な制限や倫理的な問題の範囲を超え、誤って使用される恐れがあります。

当社はミリキャンバスのユーザーが、自身の創造的なアイデアを法的、倫理的に安全な形でデザインし、使用する事ができる、信頼性のある環境を作るために努力しています。

したがって、当社はミリキャンバスをAI基盤製品の提供およびその結果物を使用するための倫理的、技術的政策を次のように規定しました。

 

第2条:用語の定義


AIツール : 当社が提供するAI基盤機能及びツール
ユーザー入力データ : ユーザーがAI成果物を生成するためにAIツールに入力するすべてのテキスト、アップロードするイメージまたはその他のコンテンツなど
AI成果物 : ユーザーの入力に基づいてAIが生成した画像やその他の出力物
技術パートナー : AI機能を提供するための技術及び関連ライセンスを当社に提供するパートナー会社/個人

 

第3条:使用の制


当社が提供する「AIツール」を含むAI基盤機能を使用するミリキャンバスのユーザーは、以下に明示された目的でAI機能で作られた成果物を使用しないことに同意したものとみなします。 ユーザーが本規約に違反した場合、会社の要請によりAI成果物を削除する義務を負担し、当社はユーザーのAIサービス利用を中断する措置を取ることができます。

1.AIツール機能を利用して派生したAI成果物を利用する過程で著作権法、商標法など各種法令をはじめ個人情報、肖像権、パブリシティ権などに違反したり侵害しないこと
2.未成年者を搾取する等の目的で利用しないこと
3.他人を害するために(他人の権利を侵害する目的で)偽りの情報を含んでいるコンテンツを製作する方法として利用しないこと
4.他人の名誉を傷つけ、侮辱、誹謗する目的で利用しないこと
5.個人の法的権利に否定的な影響を及ぼしたり、法的拘束力のある義務を付与する目的で利用しないこと
6.オン/オフラインにおいて個人又は集団の特徴、行動様式を差別したり、侵害するような方法で利用しないこと
7.個人若しくは集団の年齢、社会的、身体的、精神的特性などの弱点を悪用し、当該の他人もしくは集団に、身体的、精神的被害を与え得る目的で利用しないこと
8.法的に保護される個人又は集団の特性を差別する目的で利用しないこと
9.医学的助言を提示したり、医学的結果に対する解釈を提供する目的で利用しないこと
10.法律的効果のある何らかの形態の文書で、これを利用した個人が犯罪行為を犯す可能性のある水準のイメージ、文書等を製作する目的で利用しないこと
11.スパム、ランサムウェア、キーロガー、ウイルス又はその他のソフトウェアの生成に利用しないこと
12.淫行や過度な身体の露出、その他の不適切な内容等を含む刺激的なコンテンツを生成するためにAIツールを利用しないこと
13.非倫理的と判断された不快感を感じさせるコンテンツを生成するためにAIツールを利用しないこと


第4条 :責任と義務

 

1.当社はユーザーがAIの結果物を使用することにより、本規約の第3条に明示した目的に使用し起こった法的紛争により責任を負いません。
2.ユーザーはAIツール機能に入力するすべてのテキスト、アップロードするイメージまたはその他のコンテンツ(以下"ユーザー入力データ")とその内容に基づいて生成された成果物(以下"AI成果物”)を使用するにあたり、当社のAIツール機能規約をはじめとする関連ポリシーなどを確認および遵守しなければならない義務を負担し、これを遵守しなかった場合に発生する事実的、法律的責任についてはユーザーが全面的にその責任を負担します。 当社のAI成果物使用ポリシーを遵守しているかどうかを確認することは、ユーザーの責任です。
3.ユーザーはAIツール機能使用時に入力したユーザー入力データに人種、出身国または民族、政治的見解、宗教または哲学的信念、労働組合加入有無、健康データ、性生活または性的趣向に関するデータを含む個人情報を入力しないことに同意します。

4.ユーザーは、ユーザー入力データ及び、AI成果物について、法的に許容される範囲内で著作権及び所有権を保有し、当社がこれを使用して当社のサービスをマーケティング及び改善するために使用する権限を付与します。なお、関連法令の制定または改正により、AI成果物に対する権利の帰属は変更される可能性があり、現地管轄の法律により異なる場合があります

5.当社は、ユーザーが入力したユーザー入力データまたはユーザーがAIツールを通じて獲得したAI成果物について、著作所有権を主張しません。
6.ユーザーが本規約に同意し、AI結果物の使用に対する責任が完全に貴下にあることに同意すると、AI結果物を第3条の制限事項の以外に自由にお使いいただけます。
7.ユーザーが入力したユーザー入力データまたはユーザーがAIツールを通じて獲得したAI成果物が不法であるか、本規約に違反すると主張される場合、当社は法執行機関またはその他の政府機関に該当内容を公開することができます。8.ユーザーはAI成果物をユーザー自身が創作したように表現してはいけません。 AI成果物が人が作った著作物と誤認される場合には、AIによって生成されたものであることを知らせなければならず、使用後に発生する法的責任はユーザーにあります。

 

第5条:共有および掲載

ユーザーは、本規約が許容する範囲内で、個人的および商業的な目的のためにAI成果物を使用することができます。ただし、商業目的で使用されたAI成果物について、ユーザーが本規約に違反して使用したことにより被った損害については、当社は一切の責任を負わないものとします。 これにより当社が第三者から問題提起を受けた場合、ユーザーは自己の費用と責任を取り、当社を免責するものとします。

ユーザーがAIツールに入力したユーザー入力データおよびAI成果物をソーシャルメディアまたはその他の著作物(例:出版物、印刷物など)に使用および掲示することは、以下の条件を満たす必要があります。

1.ユーザーは共有、ストリーミングの前または掲載中のAI結果物が本規約に違反されていないか検討する必要があります。
2.AI結果物が含まれたコンテンツを自分の名前またはユーザーが所属された法人などの会社名で出処を明らかに表紙します。
3.共有または掲示物を見るユーザーが、該当コンテンツがAIが生成した成果物であることを明確に表示します。 部分的にAIが使用された場合、AIが行った役割を理解しやすい方法で明確にする必要があります。
4.AI結果が含まれた掲示物またはコンテンツが本規約を違反したり他人に不快感を与えられないようにします。
5.AIツールで生成されたAI成果物を、ユーザー自身が完全に独自に創作したように表現してはいけません。

 

第6条:免責


AI成果物は人工知能によって生成され、当社はAI成果物の正確性及び代表性を保障しません。

1.当社はAI結果物の正確性、完全性または信頼性に対し、どんな保証や保障も致しません。
2.当社はユーザーのAI結果物の使用により発生した紛争または被害に対し、どんな責任も致しません。
3.当社はHAI結果物に含む漏れ・ミスに責任を負いません。
4.ユーザーは自分がAIツールを利用して作成したAI成果物によって第3者から権利侵害の主張を受ける場合、ユーザー自身の費用及び責任であり、当社は一切の責任を負いません。
より信頼性のあるコンテンツを作るためには、AI成果物の正確性に依存する前に慎重に検討してください。

 

第7条:技術パートナー

 

当社はAI学習用にユーザー入力データを使用していません。

AIツールなどAI基盤の機能を提供するためにStable Diffusion AI技術を使用することで、会員はStable Diffusion AI技術ライセンス(Creative ML Open RAIL-M)の条件を遵守することに同意します。

当社は、一部のAI製品を提供するために、技術パートナーが提供する技術を使用します。ユーザーはAIツール入力内のすべての入力がOpenAI、LLCのような技術パートナーと共有されることに同意します。これは、テクニカルパートナーがあなたにサービスを提供するためであり、テクニカル パートナーがユーザー入力データをテクニカルパートナーのサービス改善に使用することもできます。ユーザーは、技術パートナーが提供するAIツール機能を使用するにあたって、技術パートナーに共有されるユーザー入力データにユーザーが入力した個人情報などが含まれ、このような個人情報などのデータが当社の個人情報保護方針に従って適用および処理されることに同意したものとみなします。 ユーザーは利用者入力データに含まれているすべての個人データが米国のOpenAI、LLCに送信されることに同意します。 この時、居住国によっては同等レベルの個人情報保護を提供しない場合があります。技術パートナーが提供する機能を利用する際、技術パートナー側の事由により正常なサービス提供が困難な場合、当社はAIツールの一部機能の提供を中止することがあります。

 

本規約は2024年5月26日の時点で効力を生じます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

コメント